前へ
次へ

賃貸の不動産のアプリは通知機能が便利

賃貸の不動産物件は、スピードが求められる一面があります。
早めに申し込みを済ませておくに越した

more

賃貸の不動産会社と直接やり取りできるアプリ

賃貸の不動産物件をWEBで探す方法は、主に2つあります。
物件探しサイトを活用するか、アプリが

more

賃貸物件を探すときは不動産会社に相談しよう

不動産会社は、たくさんの物件を取り扱っています。
もちろん、賃貸物件も豊富に取り扱っていますの

more

賃貸の不動産物件のメリットと初期費用

家を買う時には、まとまったお金が必要です。
例えば頭金です。
そもそもマイホームは、フルローンにするケースはあまり多くありません。
フルローンでは、住宅ローンの審査も通りづらくなりますし、毎月の負担額も大きくなってしまうからです。
また頭金を支払っておけば、手数料の負担額も低くなる傾向があります。
最初に数百万円ぐらいのお金はかかりますが、頭金を支払って家を買っている方は多いです。
頭金だけでなく、保証料も捻出する必要があります。
ローンを組むのであれば、保証会社に加入する事になりますから、金融会社に対して数十万円ぐらいのお金を支払う必要があります。
ですから上述の頭金を加算しますと、まとまったお金も準備する必要があります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

ところで賃貸の不動産物件に住む時にも、初期費用は支払う事になります。
家を借りるのであれば、敷金と礼金という形になります。
基本的には家賃数ヶ月分を支払う訳ですが、その料金も物件によって異なります。
2ヶ月分で問題ない物件もあれば、半年分ぐらいは必要な物件もあります。
いわゆる事業用の物件ですと、半年分ぐらいは必要な事が多いです。
その他にも前家賃が必要な物件もあれば、手付金などが必要な物件もあります。
ですが賃貸の不動産物件は、マイホームほど大きなお金が求められる訳ではあります。
確かに家を借りる時にも初期費用はかかるものの、マイホームのように数百万円もの支払いが必要な物件は、まずありません。
そもそも賃料は、高くても10万円や20万円台になる物件が多いです。
もしも賃料が10万円で、初期費用が4ヶ月分必要な物件でも、せいぜい40万円ぐらいになります。
そもそも賃料が10万円を超えるような物件は、殆ど見かけません。
賃料が6万円ぐらいなら、単純計算で24万円程度になるでしょう。
マイホームと比べれば、明らかに初期費用が低いです。
しかも最近では、その初期費用がかからない物件も増えつつあります。
ゼロゼロと表現される事もありますが、敷金も礼金もゼロになっている訳です。
両方ともゼロであれば、もちろん初期費用はかかりません。

Page Top